山本 一心

■名前:山本 一心
■自由曲:白神の大地よ永遠なれ
■自由曲で使用する篠笛の調子:唄用(ドレミ音階)七本調子
■プロフィール、楽曲紹介:
青森市在住、中学二年生、14才の山本一心(やまもと いっしん)です。
笛のほかに、三味線、和太鼓もやっています。
僕は、おじいちゃんの影響で太鼓をはじめました。
一番最初にバチを持ったのは3歳のころでした。
その時からねぶたが大好きで、家では毎日太鼓をたたいていました。
そして、笛を本格的に始めたのは小学6年生のころです。
始めるきっかけになったのは2つあります。
一つは、師匠の鳴海昭仁の吹く笛に魅力を持ったからです。
「自分もこうなりたい」「聞いてて気持ちが伝わってくる篠笛奏者になりたい」という夢を持ちました。
2つめは、太鼓の師匠が亡くなり、形見の笛をもらって、その師匠の分まで頑張ろうと思ったからです。
自由曲の「白神の大地よ永遠なれ」は、師匠鳴海昭仁が、この自然が後世まで永遠に残ることを祈って作曲した曲です。
■地域:青森県

投票する