【講評】吉井 盛悟

■1位 井上さとこ
篠笛の基本技術を元に、自己の表現に対し自由にアプローチしていると感じた。
全曲を通して細部に渡り多彩な技術を散りばめており、タンギング、音の切り方、スリ、ビブラートなどの使い所に独自の工夫が感じられて良かった。
もっともっと恐れることなく感情的に笛にアプローチしても良いかとも思ったが、総合的にバランスのとれた演奏であった。

 

■2位 横須賀梨樹
篠笛の魅力を保ちながらの表現が良いと感じた。
シンプルな良さを保つ、根本的なセンスがあると感じる。
惜しかったのは上手さはあるものの手癖に頼るところ。
同じ音の指打ちでもバリエーションをつけたり、同じ音高でも替え指で吹くことで音質に妙をつけると深みにつながると感じた。

 

■3位 石井勇喜
安定した技術が聴きやすさを与えてくれた。
小節内の拍の特性をよく掴んでいるので、フレーズが活きていたと思う。
欲を言えば、ビブラートや指打ちのバリエーション、倍音の使い分けなどを表現の幅に加えるとより感動を生むものになるかと感じました。

 

■特別賞 津久井香殊子
思わず賢治の歌詞である「あかいめだまのさそり」と歌い出したくなった。
宮澤賢治の「星めぐりの歌」の譜を見て「これを篠笛で吹いてみたい」と思われた奏者の感性に造詣の深さを感じた。
前奏で山深い森と藍の闇空を感じさせ、
賢治が書いた部分からは輝く星たちの輝きの儚さがよく感じられた。
中盤以降から奏者の自然への想いも感じた。素朴ながら豊かな表現だと思い、
奏者によるアレンジした「星めぐり の歌 変奏曲」に篠笛の魅力を深く感じた。

 

【総評】
これからの篠笛の可能性を感じるような、課題曲にはない表現の部分を意識して審査しました。
篠笛らしさを軸に篠笛らしからぬ表現のバランスの取り方が鍵になっていたと思います。
みなさん、それぞれご自分の感性で篠笛を楽しんでいらっしゃることにとても感動しました!とにかく私自身とても勉強なりました。
囚われることのない篠笛表現を私も追求しないといけないと思い演奏者として益々、気が入りました。ありがとうございました。
これからも広く深く学び、自由に、篠笛の文化を益々盛り上げていきましょう!!

吉井 盛悟