【講評】谷川 賢作

■1位 山内有二
音色がきれいで”間”の取り方がすばらしいです。
無音から発音に至る刹那の一瞬がとてもスリリングで、フレーズが歌い出してからの抑揚が気持ち良いです。
起承転結、曲想が自然な流れで、凜とした深い豊かな世界を描いています。
篠笛界の人間ではない私にとって、美しくそして心の平穏をもたらしてくれる笛の音とは正しく山内さんの演奏です。

 

■2位 稲垣佐智子
一吹きめから心を鷲づかみにされます。
次々に連なっていくフレーズの説得力が見事で、曲の展開にわくわくさせられます。
山内さんと甲乙つけがたくとても悩みましたが、能楽堂という響きの良い空間での録音ということで、スタジオというデッドな場での録音の山内さんを逆に1位とさせて頂きました。
いつか同じ条件下でのお二人の生演奏を拝聴したいです。

 

■3位 横須賀梨樹
見事な演奏です。
録音もカメラアングルもすばらしく、篠笛という楽器の魅力が正しくありのままに表現されています。
1、2位のお二人とまったく遜色ない演奏なのですが、楽曲が少しポップというか、わかりやすくて展開が予想できてしまったかな、というところで主観で申し訳ないのですが3位とさせて頂きました。
コーダ部の演奏は惚れ惚れします。
私などが僭越ですが、篠笛界の将来を背負う貴重な演奏家として、今後もがんばってください。

 

■異端児ここにあり!賞 西川滋祐
とにかくたまげました!
コルトレーンの「ジャイアントステップス」という楽曲、演奏そのものがジャズ史に残る大事件ですが、それを篠笛で再現する、これもまた事件です!
正直、吹けてるのかいないのかわからない箇所もいくつかありますが、そんなこと関係なく、コルトレーンの命がけのフレーズに”共鳴”している西川さんの演奏にはただただ脱帽するしかありません。
篠笛界での評価はわかりませんが、篠笛界の人間ではない私は、こういう斬新な試みを応援したいと思います。

 

【総評】
自由曲のみを審査させて頂きましたが、皆様の正しく「自由」な百花繚乱な選曲、遊び心、挑発に揺さぶられ続けました。
録音場所、録音の音質なども本当に様々で、審査へどのように反映させたらよいのか、当初は心千々に乱れましたが、なんども聴かせて見させて頂くうちに、逆に自分の気持ちが素直になっていくのを感じました。
ソロ演奏の方、打ち込みの方も、躍動感のある魅力的な演奏が多々ありましたが、やはり音楽の醍醐味の一つは他の楽器の方々とのコラボレーション(セッション)にあると思います。
そういった意味で、バンドでトライされた「KARURA TRIO」のお三方は拝見していて、とても楽しかったです。
リハもかなりされているようでアンサンブルの緻密さに頭下がりますが、曲の一部に”フリージャズな、あえて破綻をきたしたパート”があったら面白いのに、と勝手に思いました。
「なかじい」さんのギターの方とのデュオも息がよく合っていて気持ちよかったです。お互いの音に感応しあっている演奏がすてきです。
今回、自ら申し出て「音程」と「技術」に関しての個別採点を辞退させて頂きましたが(10点満点で集計)、私のようなピアニストにとって、篠笛のピッチの曖昧さ(幅の広さ、と言ったほうがよいでしょうか?)は楽器としての大きな魅力の一つです。
今後篠笛演奏家の皆様の「耳」がどのようになっていくのか、興味のあるところです。
洋楽曲を選ばれた方でも、篠笛でその洋楽メロディを演奏することならではの、魅力があるので、ピッチ、リズムの正確さより「おおっ、篠笛で吹かれるとこんな新たなメロディの魅力が浮かび上がるのだな」という驚きに、もっともっと出会いたいと思います。
今回、自分の知らなかった世界に出会えてうれしかったです。ありがとうございました。

谷川 賢作